横須賀市衣笠の歯医者 瀧澤歯科医院 - バリアフリーの優しい歯医者

虫歯治療|荒川区宮の前、小台の歯医者

宮の前、小台の歯医者 宮の前歯科クリニック

0338004183 診療時間 10:00~13:00/14:30~21:00(土日は17:00まで)

オンライン予約

虫歯治療

虫歯の原因

虫歯ができる原因には「歯の強さ」「虫歯菌」「砂糖の摂取」「時間」の4つがあります。これらのコントロールが上手くいかなかった時に虫歯が出来ます。
虫歯の原因菌(ミュータンス菌)は、お口の中で砂糖を分解して粘着性のある物質をつくり、歯の表面にくっつきます。そして、増殖して数を増やし、さらに他の細菌や食物などを取り込んで塊となります。
この細菌の塊のことをプラーク(歯垢)といいます。プラークが長い間取り除かれないまま歯の表面に残っていると、虫歯の原因菌が出す酸が溜まってしまいます。その酸が歯を溶かし、虫歯を進行させてしまうのです。

虫歯の進行度合い

C1(シーワン)

C1(シーワン)

歯の表面にあるエナメル質に小さな穴ができます。痛みなどの自覚症状がほとんどないので、気付かないこともあります。

C2(シーツー)

C2(シーツー)

エナメル質の奥の象牙質まで、虫歯が進んだ状態です。
甘いものや冷たいものが沁みるようになってきます。

C3(シースリー)

C3(シースリー)

歯の神経やその近くまで虫歯に侵されています。
神経が炎症を起こしているので、非常に強い痛みを感じます。

C4(シーフォー)

C4(シーフォー)

歯全体が、虫歯に侵されています。歯の根の先に膿がたまったり、歯の周りにも病気の影響が及び、歯を残すのが難しくなります。

虫歯の予防

虫歯予防には、フッ素の塗布が効果的です。再石灰化の促進、歯質の強化、虫歯菌の酵素抑制などの効果があります。
歯は虫歯菌が出す酸によって歯の表面が溶かされ虫歯になります。しかし、唾液や歯垢の中にフッ素があると、その溶かされた歯の表面が修復されて、元の健康な歯質を取り戻すことができます。その作用を「再石灰化」といい、フッ素はその再石灰化作用を強化する働きがあります。
また、フッ素が歯に作用すると、表面にあるエナメル質の結晶が安定し、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を強めます。

当院の虫歯治療方法、心掛けていることなど

宮の前歯科クリニックでは、フッ素を直接歯に塗る「フッ素歯面塗布法」を行っています。
これは、歯ブラシや綿球、綿棒などを用いてフッ素を歯に直接、年3~4回塗布する方法です。乳歯の生え始めから行うことができ、乳歯、永久歯にも同様の虫歯予防効果があります。

当院の虫歯治療方法、心掛けていることなど

当院の虫歯治療方法、心掛けていることなど

虫歯は初期段階で発見することができれば、ブラッシング等で改善することもできますが、虫歯が進行している場合は治療が必要になり、大きさによっては麻酔が必要になります。
宮の前歯科クリニックでは、電動麻酔器を使用し、麻酔時の痛みを抑え、できるだけ無痛状態での治療を心掛けております。

虫歯についてより詳しく知りたい方へ

虫歯についてより詳しく知りたい方は、宮の前歯科クリニックと同じ医療法人社団 裕慈会グループのこばやし歯科クリニックのホームページをご覧ください。

こばやし歯科クリニック
虫歯について

ページトップへ

診療時間 10:00~13:00 / 14:30~21:00(土日は17:00で)

オンライン予約

診療時間

土曜・日曜午後は14:00~17:00までの診療となります。
※診療受付は、診療終了30分前までとなります。
【休診日】祝日